AGA薬 種類 効果

MENU

AGA薬の種類と効果|自分に合った選び方!

まずAGA薬を選ぶ際に必要なことは・・・
薬の成分が自分に合っているのか?を知ることですが。。

 

分かりにくい部分だと思うので、下記に例を挙げてみますね^^

 

ちなみに、AGA遺伝子検査を行ったことがある方や、
育毛クリニック(毛髪外来)などで診断を受けたことが
あることを前提にしています。

 

 

 

例えば・・・

 

◎AGA(男性型脱毛症)リスクが高かった場合

 

◯AGA遺伝子検査の結果、「フィナステリド」(プロペシア)に
対する感受性が低いようなら、「アボダート」などの1型・2型両方に
効果が見込めるモノを選ぶ。

 

◯フィナステリドに対する感受性が高いなら、「プロペシア」を選ぶ。

 

と言う考え方もできますよね。

 

ただ、この2つのAGA薬はあくまでも、男性型脱毛症を
抑えるものだということ。

 

多少の育毛効果もあるようですが、さほど強くはありませんから、
男性型脱毛症を抑えた上で、薄毛を育てる必要があります。

 

そこで使用するのが、残った自毛(薄毛)を育毛してくれるもの、
例えば「ミノキシジルタブレットやローション」などになります。

 

これ以上、薬系は使いたくないという場合は、
国内で市販(通販)されている「イソフラボンやカプサイシン」などを含んだ、
いわゆる「育毛サプリや育毛剤」などを使うのもいいかもしれません。

 

※イソフラボンやカプサイシンは「IGF-1」成長因子を、
毛根で増やしてくれる働きがあり、育毛に役立つと言われています。

 

 

 

ただ・・・

 

男性型脱毛症の分類でよく使われれる「ハミルトン・ノーウッド分類」で、
完全に禿げ上がった、髪の毛がない状態に置いて「AGA薬」は、
あまり有効ではない、と判断できるそうです。

 

この場合の受け取り方は・・・

 

※AGA薬は発毛剤や育毛剤ではないので、あくまでも育毛や発毛は
その後のお手入れ次第、ということでしょうね

 

AGAの方が、毛髪を育てようとする際は、やはり一旦、
男性型脱毛症を押さえてから、その後の育毛を行うのが正解ですよね。

 

 

◎AGAリスクが低かった場合

 

◯AGAリスクが低いならAGA薬は使用せず、上記に挙げた
「ミノキシジル系」のものや、「イソフラボン・カプサイシン」などを含んだ
育毛サプリ・育毛剤などを使用する。

 

AGA遺伝子検査の結果が全てではありませんが、
AGAリスクが低かった場合、男性型脱毛症による薄毛ではない
可能性もあります。

 

その場合はAGA薬を使用するよりも、まずは頭皮を清潔に保ち、
マッサージで血行をよくしてやったり、毛髪に必要な栄養素を
与えてあげるほうが効果的かもしれません。

 

要は、ご自分の脱毛の原因がAGAであるのが分かっている場合・・・

 

◯まずはプロペシアorアボダートなどで、男性型脱毛症を抑制する

 

◯その上で、育毛効果が見込める薬やサプリ、育毛剤などを併用する

 

◯常に頭皮の清潔さを保ち、マッサージ等で血行もよくしてやる

 

この3つを押さえておくのが基本ということになりますね^^

 

※ここで言う頭皮を清潔にするということは、
育毛剤の浸透を手助けするということになります。

 

※頭皮を不潔にしてても禿げない人もいますから、
これがAGAの方との差じゃないかと思います。

 

ちなみに、AGA薬には薬である以上、副作用があることは否めません。

 

クリニックを通さずに、こういった通販(輸入代行業者)を利用して、
自己購入する際はその点に気をつけるとともに、使用する際も
自己責任においてということになるので注意が必要です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

AGA薬の種類記事一覧

ここでは、有効成分「フィナステリド」を含有するプロペシアや、同成分を使用した、安価なジェネリック薬を紹介しています。この系統のAGA薬は、男性型脱毛症を抑える効果が認められており、2型5α-リダクターゼ酵素を阻害することで、男性型脱毛症を改善するタイプ。初期脱毛の方であれば、脱毛症を改善するだけで、自毛の成長を促す効果も見られるようですが、ミノキシジルや育毛サプリ、育毛剤などを併用すると、より効果...

有効成分「デュタステリド(デュタステライド)」が、1型・2型5α-リダクターゼ両方の酵素を阻害することで、AGA(男性型脱毛症)を改善するタイプ。海外ではプロペシア(フィナステリド)よりも、より高い効果が認められていますが、プロペシア系と比べて、ジェネリック版の種類が少ないのがネックですね。プロペシアなどの2型タイプで効果が得られない方や、AGA遺伝子検査で「フィナステリド」に対する感受性が弱かっ...

AGA(男性型脱毛症)をAGA薬によって抑えた後、残った薄毛に対して、育毛を促進させる力を与える必要があります。ここでご紹介しているものは、育毛クリニックなどでも処方される、ミノキシジルを有効成分とするものです。ミノキシジルの薬効は、体内(頭皮)の血流を上げる血流促進が主なもので、これにより薄毛改善に必要な栄養素が毛根まで届くようするもの。ミノキシジルを使い始めて1,2ヶ月は抜け毛が増えることも予...

ここでご紹介しているものは育毛サプリと呼ばれるものと、フィナステリド・デュタステリドなどを含むAGA薬と相性のいいサプリ。また・・・ミノキシジル等の育毛薬などと併用することで、相乗効果を生み、最大限にその効果を活かせる補助的なものです。主な成分は育毛にいいとされている、「ノコギリヤシ」「L-リジン」「亜鉛」「イソフラボン」「カプサイシン」などを含むもので、育毛の補助をしてくれるサプリメントになりま...

AGAの主な原因は、男性ホルモンである「テストステロン」が、2型5α-リダクターゼという酵素の影響を受け、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化し、発毛促進を妨げると言うもの。。このサイトで紹介している、「プロペシア」の主成分「フィナステリド」などは、この「2型5α-リダクターゼ」の作用を妨げ、男性型脱毛症を抑える効果が認められる薬ということです。※育毛剤と言うタイプではなく、脱毛を抑えることによ...