AGA薬 通販

MENU

AGA(男性型脱毛症)治療薬の種類や効果・通販先は?

今や「AGA」=「男性型脱毛症」という言葉は、CMなどを通して浸透しています。

 

巷では育毛外来・育毛サロン・クリニックなど、
初期脱毛や薄毛治療専門の病院も増えてきてますね。

 

そこで取り扱われている発毛・育毛を促進する薬に
「プロペシア」「ミノキシジル」というものがあります。

 

発毛(育毛)サロンは医療機関ではないので、
こういった処方箋が必要な医薬品は取り扱えませんが、
クリニック等では治療に使用されたりしています。

 

この手の薬は当然、医師の処方箋が必要なので、
専門機関で診察を受け、処方箋を出してもらわないと
購入はできません。

 

しかも、日本国内の育毛クリニックや専門外来では、
こういった治療に関して、保険が効かないためかなり高額なのが現状。。

 

少しでも費用の負担を減らすため、処方箋を必要とせずに
海外から、「プロペシア」や「ミノキシジル」などを購入できる、
通販(個人輸入代行業者)を利用されている方もおられます。

 

このサイトでは、そういった「個人輸入代行業者」を通して
正規品や安価なジェネリック医薬品を購入する方法を紹介しています。

 

個人輸入代行業者を通して、商品を購入されたことが
ある方はご存知かもしれませんが、購入手続きや注文方法は
国内のネットショップを利用するのとなんら変わりありません。

 

違う点は、購入した商品が国外からお手元に直接配達されると言う点だけ。

 

どの国から直送されるかにもよりますが、大体が英語表記の
小包で、商品名などは記入されていないので、お忍びで購入
する際でも安心です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

AGA治療薬の成分別特徴と使用に際しての注意点!

このような処方箋が必要なものは、「医療用医薬品」に分類され、
「副作用」の恐れがあるので、厚生労働省は安易に海外などから
輸入しないようにと注意喚起していますが、、、

 

現状では、自己責任に置いて購入することは可能です。

 

◯特に気をつけるべき点は・・・
ここでご紹介している「AGA治療薬」は男性専用だということ。。

 

「プロペシア系」(成分がフィナステリド)と「アボダート」
(成分がデュタステリド)などは特に注意が必要です。

 

妊娠された方が服用した場合の副作用として、
胎児(男子)の生殖機能に異常をきたすおそれがあるとされています。

 

◯触れないように・・・
また、通常コーティングされた錠剤は問題ないとされていますが、
念の為、子供さんや女性の方が触れないように保管は厳重にすべきです。

 

このように書いてしまうと・・・
飲むのも怖い劇薬のように感じますが、男性が服用する分には、
多少の副作用が見られる場合もありますが、注意書きを守って
服用する限り問題はありません。

 

国内のクリニックなどでも処方されているものですから・・・。

 

 

 

AGA薬の種類と選び方とは?

 

◯ご自分がAGA(男性型脱毛症)なのかどうかイマイチ分からない・・・

 

という場合はこちらへ⇒ AGA遺伝子検査

 

◯どういったAGA薬を選んだらいいのか分からない・・・

 

という場合はこちらへ⇒ AGA薬の種類と選び方

 

あらかじめ購入するものが決まっている場合や、
ご自分が間違いなく、AGAだと言う場合は下記商品を御覧ください。

 

プロペシア系

 

「フィナステリド」を有効成分とし「「2型5α-リダクターゼ」を抑制し
AGA(男性型脱毛症)を抑える働きがあります。

 

同成分を使用した、安価なジェネリック薬も豊富にあります。

 

※男性専用

 

 

 

アボダート系

 

「デュタステリド(デュタステライド)」を有効成分とし、
「1型・2型5α-リダクターゼ」を抑制するものです。

 

「プロペシア」(フィナステリド)で効果が実感できないようなら、
こちらを試してみるといいでしょう。

 

※男性専用

 

 

 

ミノキシジル系

 

育毛・発毛を改善するタイプ。

 

AGA薬と併用し、「男性型脱毛症」を抑制しながら、
自毛の育毛効果を手助けしてもらうと、より効果的。

 

日本でも「リアップ」などに使用されていますが、
塗布薬以外に、タブレットなどの服用するタイプもあります。

 

※男性専用

 

女性男性型脱毛症(FAGA)用には「ロゲイン女性用」などがあります。

 

 

 

育毛補助サプリ

 

育毛をサポートしてくれる栄養素を含む「育毛サプリ」です。

 

亜鉛やノコギリヤシ、L-リジンなどのサプリメント単体や、
毛根で「IGF-1」成長因子を増やしてくれる、「イソフラボン・カプサイシン」
などを含んだ、育毛サプリと呼ばれるものがあります。

 

 

育毛剤ではなく何故、育毛薬(AGA薬)なのか?

このサイトでは何故、頭皮に直接塗布する育毛剤ではなく、
服用薬の紹介をしているかというと・・・

 

AGA(男性型脱毛症)の場合、やはり男性ホルモンが関与しています。

 

もしAGAであった場合、どんなに高価な育毛サプリや育毛剤も、
まずは男性型脱毛症を抑えてしまわないと、効き目が得られないからです。

 

家系に男性型脱毛症の方がおられる場合・・・

 

「優性遺伝」「劣性遺伝」「隔世遺伝」など、
どの遺伝であったとしても、親(父、母)祖父(祖母)からの
影響が出る可能性はあります。

 

例えば・・・

 

頭皮を清潔にしてなさそうだし、もちろんケアもしてないのに、
毛がふさふさしてたり。

 

タバコを吸うしお酒もよく呑む、食生活も不摂生してる感じだけど、
髪の毛はたっぷりあったり。

 

こんな人もたくさんいますよね?

 

片やこっちは・・・

 

タバコも吸わないし酒もやらないのに、結構薄毛になってる。。

 

髪の毛にいいとされる「亜鉛」や「銅」、市販の育毛剤も使ってるのに
一向に改善されない。。。

 

こんなこともあるでしょう?

 

線引は難しいですが、過度のストレスによる「円形脱毛症」や、
他の病気、それに伴う薬の副作用で禿げてしまっている場合をのぞいて、
やはり遺伝(男性ホルモン)が関係している線が強いですよね。

 

昔から言われてる・・・

 

●タバコやお酒を好んでやられる方はハゲる原因になる。

 

●白髪の人はハゲない。

 

っていうのも、あまり根拠はないみたいですから。。

 

※まぁ、タバコとかの場合は、髪の毛以外にカラダのどこかが
悪くなりそうですから、それが原因でってことはありそうですけどね

 

こう見てみると、100%AGAが原因とは限りませんが、
日本人男性の約3割程度の人は、AGAの可能性があるって言われてるので、
今やっている育毛への努力に効果が実感できないのなら・・・

 

カラダの中から変えてみる必要がある、ということです^^

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   
更新履歴